Marketing Manager, Bobbi Brown

国 :
日本
都道府県 :
東京都
都市 :
千代田区
カテゴリー :
マーケティング
雇用形態 :
正社員
就業形態 :
フルタイム
職歴 :
5年から10年

会社概要

エスティ ローダー日本は、まず支社として1967年に設立され、その後、業務の拡大発展に伴い1976年3月、日本法人 エスティ ローダー株式会社に改められました。
「エスティ ローダー」ブランドは日本進出以来、全国一流百貨店、高級品専門店に於いて限定販売され、高級輸入化粧品としての地位を確立してきました。
男性化粧品「アラミス」は1970年より日本での販売を開始し、その個性的な香りが世界中で大好評を得、ステータスシンボルとして多くの男性から愛され続けています。
1978年には皮膚科学の成果に基づき、100%無香料・アレルギーテスト済みの総合化粧品「クリニーク」ブランドを発売、日本市場で圧倒的な支持を得て今日に至っています。
1987年より販売を開始した「ラボ シリーズ」は、常に男性特有の肌ニーズに着目して研究を続けてきました。先駆者として男のスキンケアをリードし、近年の男性化粧品ブームのさきがけとなりました。
そして1998年2月、数々のスーパーモデルやコレクションのメイクアップを手がけ、メイクアップアーチストのトップを走り続けるボビイ ブラウンが創設した、自分を引き出すメイクアップブランド「ボビイ ブラウン」の販売を開始いたしました。
続いて、1998年4月にはフランク・トスカンとフランク・アンジェロの二人の手によってスタートしたメイクアップ・アーチスト向けの製品を開発するために生まれたメイクアップ・アート・コスメティックスの略称「M・A・C」ブランドを販売開始。「M・A・C」ブランドは設立当初からエイズ関連基金への募金活動や、地域社会への積極的な貢献をしています。
2000年8月には航空宇宙物理学者マックス ヒューバー博士開発のミラクルクリーム「クレーム ドゥ・ラ・メール」を中心とする スーパープレミアムスキンケアブランド「ドゥ・ラ・メール」を販売開始いたしました。
2003年9月には、ヘアーケア・プロダクトを中心とする「アヴェダ」ブランドの独立店舗「アヴェダ ライフスタイル サロン & スパ」を開始いたしました。
2008年9月には、香りをテーマに豊かなライフスタイルを提案する英国のラグジュアリーライフスタイルブランド「ジョー マローン ロンドン」の販売を開始いたしました。
2010年7月には、エスティ ローダー、クリニーク、ボビイ ブラウン、マックの4ブランドで、
Eコマースおよび、Mobileコマースを開始。現在では、ラボ シリーズ、ドゥ・ラ・メール、アヴェダ、ジョーマローン ロンドンも加わり合計8ブランドで展開しています。
2012年10月には、高いファッション性とラグジュアリを兼ね備えた究極のコスメティックブランド「トム フォード ビューティ」の販売を開始いたしました。

2014年7月には、エスティ ローダー株式会社とELGC株式会社が合併いたしました。
現在、ELGC株式会社が取り扱う合計10ブランドの製品は、百貨店を中心に全国490以上のカウンターで販売され、その売上げ成長率は、わが国化粧品業界に於いて他社を大きくリードしております。
事業所は営業の拠点を東京本社(千代田区永田町)に置き、南砂センターでは製品開発、品質管理、輸入業務並びに全国発送業務を行っております。

業務内容
化粧品、医薬部外品の製造、販売、輸出入

取り扱いブランド
エスティ ローダー
アラミス
クリニーク
ラボ シリーズ
ボビイ ブラウン
マック
ドゥ・ラ・メール
アヴェダ
ジョー マローン ロンドン
トム フォード ビューティ

職務内容

事業部のグローバル戦略を理解の上、ローカルマーケットとしてどの様な戦略を取っていくか、マーケティング面より、事業部長をサポートする。
事業部で立てた戦略に基づき、マーケティング部門としてチーム内にビジョン・方向性を明確に提示する。また、それに伴うマーケティング部内 アクションプランを策定し、実行を率先垂範する。
マーケティング メンバーへの動機付けを行ないながら、役割/責任を明確にしつつ協力し合う関係を構築し、業務遂行をサポートしていく。
数字や客観的事実をもとに、社内外の関係者・事業部内他部門との協力・調整を行い、良好な関係を構築し、売上向上へと貢献をしていく。

【プロダクトマーケティング】
プロダクト関連
-Region, NY カウンターパートや担当者とのコミュニケーション。情報収集。
-製品・カテゴリー戦略の企画立案/遂行。
-フォーキャストの作成・確認
-マーケティング カレンダーの作成。新製品・プロモーション、マーケティング活動等の企画書並びに製品資料の作成指示。事業部内へのシェア。
-マーケット情報の分析・資料作成。資料の事業部内へのシェア並びに戦略の提案。
-競合調査レポート。店頭周り・製品・プロモーション・VMDの連絡指示。

VMD
-グローバル ガイドラインの把握。
-Regionとの頻繁なコミュニケーションにより日本の店頭に合ったVMをもとに店頭への落とし込みの対応、営業との密なる確認。
-日本マーケット ニーズの発掘、並びにニーズに伴ったVMDのリージョンへの提案。

【コンシューマーエンゲージメント】
デジタル
-ブランドのプライオリティを理解し、マーケティング戦略に沿ったデジタルマーケティング立案・実施の指示
-事業部内のプロダクト、Consumer Engagement、トレーニングチームと密に連携・協働の上、ソーシャルメディアのコンテンツを制作・企画・運用指示
-消費者に影響力の高いソーシャルメディアにおいて、ブランド・製品のプレゼンスを高め、ターゲット消費者とのエンゲージメントを構築。
-変化の激しいメディア環境において、新しい手法やアイディアを持ち込み、ブランドのマーケティング活動を推進。
-多岐に渡るデジタル施策を、効率的、且つ効果的に実行。
PR
-PRエージェンシーと連携し、ーカレンダーに沿った新製品及びヒーロープロクダクトのプレスリリース作成、リリース配信、プレスコンタクトなどのPR活動実施の指示
ー新製品・ヒーロープロダクトのプレスイベント立案・実施の指示
CRM
-KPIの設定、データ分析・資料作成指示。
-資料の事業部内へのシェア並びにカスタマー動向に向けた戦略の提案。

【その他】
予算管理
-カテゴリー毎の年間売上目標をカテゴリー担当者と設定、管理、レビュー。
-カテゴリー担当者と共に、年間経費予算の設定 並びに管理。
マネジメント
-部下(カテゴリー担当者)の業務遂行管理及び育成(業務に対する知識レベル/責任感の向上、他部門との連携/コミュニケーション力の向上)。

応募資格

【経験】
-化粧品、ラグジュアリー、消費財など近しい業界におけるマーケティング経験5年以上
-デジタルマーケティングストラテジーの企画・実行をリードした経験
 
【能力/知識】
-マーケティング知識
‐業界専門知識(百貨店、メイク製品知識)
-CRM知識、分析力
-VMD・印刷物製作に関する基本知識
-イベント・セミナー対応の経験
‐プレゼンテーション&ドキュメンテーション力 (PCスキル)
‐判断・提案・交渉力・タイムマネージメント
-英語スキル (1人で海外の会議にてプレゼンができるレベル)
 
【あれば尚可】
TOEIC:800点以上
チームマネジメント経験