工場原価管理アナリスト

国 :
日本
都道府県 :
東京都
都市 :
東京
カテゴリー :
財務
雇用形態 :
正社員
就業形態 :
フルタイム
職歴 :
2年から5年

会社概要

資生堂は、1872年、日本初の洋風調剤薬局として、東京・銀座で創業しました。
社名の由来ともなっている、新たな価値の発見と創造をめざすという創業の想いを140年以上の歴史の中で脈々と受け継ぎ、独自の伝統を築き上げてきました。
これらは資生堂が将来にわたって発展し続ける上で大切な、資生堂ならではの基盤と強みです。

化粧品メーカーとして日本、アジア第1位の規模を誇り、現在、約120の国と地域で展開しています。また、資生堂グループ全体の売上高は、1兆51億円にのぼります。
長い歴史の中で培ってきた、資生堂の美に対する感性は、日本の文化や伝統を大切にするという考えや、細部にこだわり続ける姿勢などにより、グローバル企業の中でも日本発の化粧品会社として独自の強みとなっています。
資生堂は、高機能・高品質・高い安全性を持ったイノベーティブな化粧品や最先端の美容法を創出し続けています。
この土台となっているのは、研究開発や生産における業界屈指の技術力です。
創出した価値や「美」をお客さまに伝える独自のクリエーションが、資生堂の大きな強みとなっています。この強みにより、1916年の意匠部発足以降、日本の宣伝・広告、デザイン界を牽引しています。
外見の美しさだけでなく、心まで豊かになっていただくことをめざし、全世界で約20,000名のビューティーコンサルタントが美容のプロフェッショナルとしてお客さま一人ひとりに寄り添い、当社のブランド価値を伝えています。
お客さま起点を追求し、ビューティーコンサルタントを通じてお客さまに価値を伝達するなど、資生堂の事業は「人」を中心としています。お客さまや社員などの「人」を大事にし続けてきたことは、価値形成の根幹となっています。

職務内容

仕事内容
化粧品およびトイレタリー製品について、工場ならびに商品開発部門と連携し、生産領域における原価管理機能の底上げをリードしていただきます。

Main areas of responsibility:
新製品の原価・加工費の管理
工場原価レート設定
経営効果を生み出す原価低減(主に新製品)
標準原価と実際原価の差異分析、対策立案
会社方針に基づいた経営に関わる年度計画の立案推進、実行

応募資格

Requirements
  • 原価会計の実務経験3年以上
  • エクセル、アクセス等のビジネスソフト活用経験
     ⇒Vlookupなどの関数、ピボットテーブル、マクロなどを高いレベルで活用できる
  • 社外関連部門又は社外関係会社と連携するために必要なコミュニケーション力、プロジェクトマネジメント力
  • 新しい知識や技術等を学んで業務に取り入れていく積極性
Desired Qualifications:
  • メーカーにおける生産領域での原価会計業務経験があることが望ましい
  • 直近業務ですぐに英語を使用することはないが、将来的に社内でキャリアを発展させていくためにビジネス上で基礎的なコミュニケーションを取れるレベルの英語力を有することが望ましい